神棚の設置・まつり方 「置ける神棚」「貼る神棚」

置くだけ、貼るだけのモダン神棚の設置の仕方。

モダン神棚 「かみさまとおうち」

ネットショップ https://www.kamisama-to-ouchi.net

公式HP https://www.kamisama-to-ouchi.com

新しい神棚のまつり方

「かみさまとおうち」の「置ける神棚」「貼る神棚」。伝統的な神棚を元に、より現代の住環境によりそった設計となっています。まつり方もいたってシンプルです。

置ける神棚の場合

明るい色ときめ細かい木目。メープルの置く神棚。
お札を納めて自由な場所に置くだけの「置ける神棚
土台と本体部分をスライドさせて取り外します。
神札をしっかりと封入。
お札を納めるスペースがあるので、そこにお札を納め、土台を戻します。
置く場所は自由。転倒の恐れのない平らな場所へ。

置ける神棚」のお札が入るスペースの厚みは、「約10mm」です。複数枚お札を入れる場合は、合計の厚みにご注意ください。お札入れ部分の縦横サイズは、ネットショップ商品ページに記載されています。

貼る神棚の場合

貼る神棚 神鏡 銀
お札を納めて自由な場所に貼るだけ。「貼る神棚
お札を納めます。
専用のシールで想いを込めて封印をします。
ミニマルな空間にとけこむ、モノトーンの貼る神棚。
付属の専用シールで壁に貼ったり、そのまま立て掛けたりしておまつりできます。

 お札に巻かれている薄い紙は、外してもそのままでもかまいません。貼る神棚は、基本的にはお札を1枚のみおまつりするよう設計されています。5mm程度の厚さであれば一枚、1mm程度の薄く軽いお札であれば3枚重ねて入れることが可能です。

神社によってお札のサイズや厚さは変わりますので、よくご確認の上封入ください。貼る神棚のお札入れ部分のサイズはネットショップの商品ページで。

神棚を設置する場所

 神棚は、目線の高さ以上の場所におまつりする、お仏壇とは向かい合わせに置かない等、さまざまな考えもありますが、住宅事情などによりそのような場所へ設置が難しい場合は、転倒や湿気の恐れのない平らな場所に自由に設置してください。
 置く神棚を高い場所に設置したい場合は、L字の取り付け棚などをご使用ください。

モダン神棚 かみさまとおうち

公式HP https://www.kamisama-to-ouchi.com/

ネットショップ https://www.kamisama-to-ouchi.net

公式インスタ https://www.instagram.com/kamisama_to_ouchi/